歯医者

歯科治療でポイントゲット!~日本列島歯科探しの旅~

痛みを味わう前に改める

院内

一昔前では、甘いモノを食べると虫歯になって痛みを味わうと言われてきています。しかし、そのような事はありません。最近では、科学の進歩は進んでいるため、そのような迷信が覆されているのです。現代では、ちゃんと歯を磨いていたとしても、虫歯になってしまう場合もあるのです。そのため、甘いモノを大量に食べただろうと偏見を持つのはやめましょう。最近では、虫歯になりやすい人の生活習慣を紹介しているサイトも登場している程です。もしかしたら、その生活習慣に自分が当てはまっていると心当たりがある場合は、すぐに歯科クリニックを訪れましょう。
まず、「甘いモノを食べたら虫歯になるから歯を磨きなさい」と親や祖父母に教えられた世代にとっては、若干ショッキングな内容となるでしょう。甘いモノを1つや2つ食べたからと言って、虫歯の痛みがすぐに始まる訳ではありません。適度に間食や食後のデザート感覚で楽しめばいいのです。親や祖父母が教えてた内容は、単に規則正しい生活習慣を教えこむためのやさしい嘘のようなものです。大量に甘いモノを摂取しない限り、虫歯は発生しないでしょう。ただし、間食で継続して口の中にお菓子やジュース類を口に含めると酸性の唾液が分泌され続けてしまうので、虫歯になってしまいます。
なるべく、虫歯の強烈な痛みを味わいたくない場合は、すぐにでも生活習慣を改めたほうがいいでしょう。そうすることで、虫歯の痛みとは無縁で健康的な生活を謳歌することにつながります。